それぞれの幸せ灯る頃

スポンサーサイト

博多っ子純情

珉珉
東京・中野の珉珉に入りました。


焼肉飯
焼肉飯セット750円を頼みました。
しみじみと焼肉飯だなぁという味わいでした。





モクセイの花

赤電話
ほぼ絶滅したと思われる赤電話とその台が、
三鷹市内のあるお茶店の前に置かれていました。
しかし残念ながら故障していて使えないとのことでした。





バス通り

この広い空のどこかに

昭和のゲーム機
さいたま市浦和区のある駄菓子店の脇に置かれていた10円ゲーム機。
王選手的な人物が描かれています。
かなりズタボロな状況で、もう稼働していないようです。


美しい思い出に

昭和な時計店
東京練馬区某所に存在する時計店。
昭和にタイムスリップしたかのような店構えです。
信用堂という名前もいかにも昭和です。

しかし昔はどの商店街にもこういう時計店が一軒あって、
そこで買ったり修理したりしたものです。



November Afternoon



こちらの「コンプライアンス活用術」というページに
ワタクシが描いたイラストがあったりいたします。


秋ゆく街で

昭和な看板
新丸子駅前の文房具店に取り付けられていた「日本法令の届け用紙」の昭和な感じの看板。
そう言えば昭和の頃はこの黄色い看板よく見かけたような気が!
しかし、いつの日からかあまり見かけなくなりました。




振り向けばイエスタディ

定点観測
新丸子駅前にある刃物店に飾られていた
昭和な感じのスペアキー複製の看板。
レタリングの感じから想像するに、ここにもう60年は
飾られているのではなかろか。


お絵かき

裏モノJAPAN[学習まんが「この世のひみつ」
裏モノJAPAN(鉄人社)12月号の学習まんが「この世のひみつ」描きました。





愛のきざし

小杉らぁめん 夢番地
武蔵小杉にある「小杉らぁめん 夢番地」という店に入りました。


味玉担々麺
味玉担々麺950円を頼みました。
賑やかな感じの盛り付けが嬉しかったです。
味もベーシックな感じで美味しかったです。
他の人が食べていた黒ゴマ担々麺みたいのも美味しそうでした。



風来坊

昭和の店
板橋区あたりにあった昭和な洋品店跡。
「優良肌着」という言葉がいかにも昭和30年代な感じ。


この秋に

TV番組イラストレーター


TV番組イラストレーター
出典/テレビ朝日「chouchou」より


テレビ番組内のアニメ用イラストを描きました。


3号線を左に折れ

西友の「みなさまのお墨付き」シリーズのレトルトカレー「ひよこ豆と野菜のチャナマサラカレー」が非常に美味しい。
辛さや粘度がワタクシ好みで。
ひよこ豆も景気良くたくさん入ってるし。
インドカレー店で出てきてもまったくおかしくない完成度。

で、このシリーズのカレーって全部美味しいのかもと思って、
「バターチキンカレー」を食べてみたら……美味しくなかった……。
というか味がほとんど無かった……。
不思議なくらい無味……。

これで本当に「みなさまのお墨付き」がもらえたのだろうか?

あるいはワタクシの味覚がおかしいのだろうか?


地下鉄にのって

昭和な看板
人形町のあたりに立っていた昭和な看板。

おそらく、下部のフレーム部分に地図が設置されていたのだと思われます。

「トショーコー 東京都商工信用金庫 本店」と書かれています。
ネットで調べてみたところ、現在は東京シティ信用金庫という名前になっているようです。

高度成長期を眺めてきた看板なのでしょうねぇ。


小春日和

こちらの企業様のサイトにワタクシが描いた広告漫画が載っております。


あの日のこと

昭和の看板
練馬区あたりの薬局にあったオロナイン軟膏の昭和な看板。
きっと昭和40年くらいからここにずっと設置されているのでしょうねぇ。





トライアングル・ラブレター

中央高速
日が暮れるのが早くなってきましたね。
おセンチな気分になりますね。
と、夕方に中央高速の空を眺めながらそう思う。


夜間飛行

なんかこのサイトにワタクシの漫画が丸々無断転載されているのですが。

思いっきり著作権の侵害(刑罰のある犯罪)だと思うのですが〜。

しかもこの漫画、最近電子出版されたばかりだというのに、こんなことされちゃぁこっちとしてはたまったもんじゃないのですが〜。

おまわりさんに言いつけてみようかしらん。
しかもこのサイト、警察を敵視している内容だから、イイ感じに警察の人の逆鱗に触れるかも〜。


ねがい


レココレ
(出典 レコード・コレクターズ2017年10月号/ミュージックマガジン)

レコード・コレクターズ10月号「特集 作詞家・松本隆の世界」買いました。
ワタクシが最近かなり気に入って聞いている松本隆作品は、
木之内みどりの「走れ風のように」(刑事犬カール主題歌)です。

残念ながらこの雑誌の松本隆名作100選には入っておりませんでした。