すれちがった肩ごしに

昭和
葛飾区あたりにひっそりと存在している昭和な看板。





スポンサーサイト

予期せぬ出来事

氷屋看板
小金井市あたりにある昭和な氷店の看板。
店自体は、もう無くなっていました。


走れ風のように

桐山智花さん
公園の脇を通ったら、お祭りが行われていて特設ステージで
桐山智花さんという声優で歌手の方がライブを行っておられました。


桐山智花さん
ファンになりました。



昨日への手紙

サトちゃん
練馬区あたりのある薬局の脇に置かれていた昭和なサトちゃんの乗り物。
よく見るとコンセントに繋がっていますが、ということは今でも稼働しているのでしょうか。





南風の頃

ヨコハマタイヤ
あるタクシー会社の敷地に置かれていたヨコハマタイヤの顔タイヤが描かれた箱。
イイ感じに錆びついています。





忘れゆく歴史

美容室看板
昭和な感じの美容室の看板。
しみじみと高度成長期という感じですねぇ。
渋谷区あたりにて。


置手紙

三鷹電車庫跨線橋
夕暮れ
時の三鷹電車庫跨線橋より。
中央線が走り去って行きました。

この陸橋、なんかいつも淋しげな感じを醸し出しています。


風の轍

日立のお店
三鷹市あたりにある昭和な感じの日立の電気店。
随分と老朽化が進んでいる感じです。
ポンパ君も色あせて透明になってきています。

でもこちらのお店、ちゃんと営業されておられるようです。


この道

浩道オート商会
台東区あたりにあるオートバイ店の跡。
かなり昭和な雰囲気。
昭和20年代くらいの感じでしょうか?

悲しいかな自販機だけになってしまったパターンですね。


汚れなき悪戯

雲
このあたりは晴れていますが、向こうの方の空は真っ暗です。
きっと向こうではゲリラ豪雨が降っていることでしょう。


学生時代

レンタルビデオ店跡
悲しき個人経営レンタルビデオ店跡。荻窪にて。
自販機だけになってしまったパターンですね……。


見知らぬ人

たばこ屋の看板
世田谷区あたりのタバコ店の昭和な感じの看板。
色が落ちたパイプの絵に哀愁を感じます。
もう50年以上経っているのでしょうねぇ。


眠りにつく森

竹田製麺所
武蔵野市にある昭和な製麺所跡。
薄くなった看板の文字に哀愁を感じます。


ありふれた出来事

乾電池の自販機
芦花公園駅前の電気店に設置された朽ち果てつつあるナショナルの乾電池の自動販売機。
乾電池を自動販売機で買うというのは結局根付かなかったような感じですね。

↓このデザインの乾電池まだ売ってるようで。しかも「ナショナル」というブランド名がまだ使われております。

遠くへ行きたい

チェリオ看板
府中市あたりにて。
アパートになぜか昭和な感じのチェリオとコカ・コーラの看板が取り付けられていました。

かつてここで店をやっていた感じでもなさそうです。
広告付きのアパートというのも珍しい。

しかし随分老朽化した看板ですが、今でも広告費もらっているのでしょうか。





美しい思い出に

ナショナルの看板
葛飾区あたりの住宅設備店の看板。
このデザインのナショナルの看板、かつてはあちこちで見かけたものですが、
今や絶滅の危機に瀕してきてますね。



シフォンの囁き


個人経営レンタルビデオ店跡
悲しき個人経営レンタルビデオ店跡。調布市にて。
しかしこういう探偵のポスターって許可を得て貼っているものなのだろうか?


朝陽の当たる家

ヤマザキ春のパンまつり
そして今年もヤマザキ春のパンまつりの「白いスクエアボウル」もらいました。
5,6年くらい連続してもらっております。




あなたがいれば

東京タワー
普段、東京タワーが見えない所で生活している者が、
港区あたりを歩いていて東京タワーが出現すると、一瞬驚いてしまいます。
未だに。




少しだけの荷物

フェアレディZ
ある駐車場に止まっていた昭和なフェアレディZ。
前も後ろもタイヤがパンクしていることから見て、ずっとここに置き去りにされているのでしょう。