きらいなはずだった冬に

井の頭公園看板
井の頭公園にある昭和な看板。

電話のイラストがレトロでイイですね。
もしかして今の子供がこれを見たら
「この謎の物体はなんだろう?」と
思ってしまうかも。

また、「自然を愛しましょう」と「暴力、タカリは…」
という趣の異なる事柄が併記されていますねぇ。

しかしコレ、ここに50年以上存在しているのでしょうねぇ。
いや60年は経過しているかも。


25年目の冬に

ゼブラボールペン看板
さいたま市あたりの文房具店に設置されている
昭和な感じのゼブラボールペンの看板。
シマウマのリアルなイラストのマークが昭和っぽいです。




冬の色

埼スタ
埼玉スタジアム2◯◯2の前を通りました。
特に何の試合も行われていませんでしたので、
ほとんど人はいませんでした。


そよ風に揺られて

コカ・コーラ自販機
墨田区のある店の前に
絶滅の危機に瀕しているコカコーラの瓶の
自動販売機が置いてありました。

そんなに老朽化していない感じ(稼働していないふうでしたが)。

しかしよく見るとお金を入れたりするところが無いので、
自動販売機ではなく店内に置いておくタイプの冷蔵庫のようです。



やさしい街

フジカラー看板
閉店したカメラ店の脇に置かれていた
昭和な感じのフジカラーの自立式看板。
悲しく錆びております。
武蔵野市あたりにて。


明日はきっと

月星シューズ
あまり老朽化することもなく現存している昭和な感じの月星シューズの看板。
さいたま市あたりにて。

昭和の頃はズックと言えば月星でした。
ズックなんて言葉も絶滅の危機に瀕しておりますが。

現在月星はムーンスターという名前に変更したようです。








遠い森の響きが聞こえる

丸石サイクル
昭島市にある自転車店に設置されている
丸石サイクルの昭和な感じの看板。
赤青黄という単純な配色が昭和っぽくイイ感じです。





そよ風に揺られて

ブリヂストン自転車
世田谷区あたりの自転車店。
そういえばいつの日からか、このブリヂストン自転車の看板もあまり
見かけなくなりましたね。





モクセイの花

赤電話
ほぼ絶滅したと思われる赤電話とその台が、
三鷹市内のあるお茶店の前に置かれていました。
しかし残念ながら故障していて使えないとのことでした。





この広い空のどこかに

昭和のゲーム機
さいたま市浦和区のある駄菓子店の脇に置かれていた10円ゲーム機。
王選手的な人物が描かれています。
かなりズタボロな状況で、もう稼働していないようです。


美しい思い出に

昭和な時計店
東京練馬区某所に存在する時計店。
昭和にタイムスリップしたかのような店構えです。
信用堂という名前もいかにも昭和です。

しかし昔はどの商店街にもこういう時計店が一軒あって、
そこで買ったり修理したりしたものです。



秋ゆく街で

昭和な看板
新丸子駅前の文房具店に取り付けられていた「日本法令の届け用紙」の昭和な感じの看板。
そう言えば昭和の頃はこの黄色い看板よく見かけたような気が!
しかし、いつの日からかあまり見かけなくなりました。




振り向けばイエスタディ

定点観測
新丸子駅前にある刃物店に飾られていた
昭和な感じのスペアキー複製の看板。
レタリングの感じから想像するに、ここにもう60年は
飾られているのではなかろか。


風来坊

昭和の店
板橋区あたりにあった昭和な洋品店跡。
「優良肌着」という言葉がいかにも昭和30年代な感じ。


地下鉄にのって

昭和な看板
人形町のあたりに立っていた昭和な看板。

おそらく、下部のフレーム部分に地図が設置されていたのだと思われます。

「トショーコー 東京都商工信用金庫 本店」と書かれています。
ネットで調べてみたところ、現在は東京シティ信用金庫という名前になっているようです。

高度成長期を眺めてきた看板なのでしょうねぇ。


あの日のこと

昭和の看板
練馬区あたりの薬局にあったオロナイン軟膏の昭和な看板。
きっと昭和40年くらいからここにずっと設置されているのでしょうねぇ。





トライアングル・ラブレター

中央高速
日が暮れるのが早くなってきましたね。
おセンチな気分になりますね。
と、夕方に中央高速の空を眺めながらそう思う。


君がいなければ

犬
府中市あたりの電気店の前に佇んでいた昭和な感じのビクターのワンちゃん。
相変わらず淋しげです。
そして土台が老朽化しております。







風の轍

団地とコスモス
昭和な団地と
昭和な消火栓の看板と
コスモス。


この広い空のどこかに

キリンレモン
昭和なキリンレモンの看板。


キリンレモン看板
阿佐ヶ谷あたりの裏通りの今はもうやっていないお菓子店の壁に残存していました。